プロフィール

HOME | プロフィール

藤間 豊彦 FUJIMA TOYOHIKO

藤間豊彦

日本舞踊家 藤間流勘右衞門派師範

1982年生まれ。東京藝術大学卒、藤間流勘右衞門派師範。一児の父。
母、藤間万吏也、祖母、藤間万左珠に手ほどきを受ける、3才で初舞台。
六世藤間勘右衞門より藤間豊彦の名前を許され、東京藝術大学音楽学部邦楽科日本舞踊専攻卒業し、後に同大学の教育研究員助手を勤める。
文化庁・日本舞踊協会主催の各流派合同新春舞踊大会にて奨励賞受賞。
日本舞踊協会公演、文化庁主催学校巡回公演、などに出演。
祖母から続く「藤珠会」を主宰。日本舞踊を、もっと身近に、かつ真剣に、習い学ぶ日本舞踊教室を運営する。子供の教育事業にも力を入れ、子供の為のワークショップを開催。また越ヶ谷保育園にて日本舞踊講師を勤める。
稽古場の運営や舞台出演のみならず舞台の振付、演出なども多数携わる。
藤間流「藤盛会」東京支部委員、(社)日本舞踊協会会員、日本舞踊集団「藝○座」所属。

 

主な講演活動

保育園

「若とかぐや姫プログラム」

伝統文化~日本舞踊を通して~

2011年より越ケ谷保育園本園と第2園(それぞれ月2回)講師として通園。年中・年長(4、5歳児)に日本舞踊を通して遊び的な要素を踏まえながら、表現力や創造力・挨拶の仕方・立ち振る舞い・日常生活の礼儀や所作などを教えています。

原宿村

「原宿村の日本舞踊」

子供と初めてみる大人のための日本舞踊

日本舞踊をより身近に感じてもらう為の、ワークショップ。親子席のブースを用意し、未就学児も入場可能。アットホームな雰囲気で、見て、聞いて、触れて、日本の文化の楽しさをお伝えします。
http://harajukumura.tank.jp/

ドイツ

ミュンスター彫刻プロジェクト・ワークショップ

Skulptur Projekte Münster 2017

ミュンスター彫刻プロジェクト中に行われる、パフォーマンスアートでワークショップ。テアター・イム・プンペンハウスにおいて約10日間、日本舞踊の歴史や基本的動作を実演とともに指導しました。

活動実績

主な出演(舞台・映像)

・日本舞踊協会公演[国立劇場大劇場]
・藤間流大会[歌舞伎座]
・藤間勘右衞門リサイタル「達陀」 [歌舞伎座]
・新曲『浦島』東京藝術大学創立120周年企画
・東京藝術大学「和楽の美」
・藝○座国内公演[本公演 越谷公演 宇都宮公演 洗足学園公演]
・藝○座海外公演[NY公演 メキシコ公演 スペイン公演]
・文化庁本物の舞台芸術体験事業・学校公演
・日本舞踊×オーケストラ公演[東京文化会館大ホール]
・創作舞踊劇場「吉原」[ルテアトル銀座]
・集団日本舞踊21公演[博多座]
・創作舞踊展「月光」[俳優座]
・東京都主催「こども芸能体験ひろば」   
・タイ・バンコク(グローリーオブゴールデンウィーク)にて、タイ国王妃に舞踊を披露
・MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2015 in TOKYO [東京体育館]
・銀座花鏡 夏のにぎわい ー 隅田川 ー  [GINZA SIX内 観世能楽堂]
・アンサンブル室町による「メリークリスマス エリック・サティ!」[東京文化会館小ホール]
・森鷗外生誕150年記念 歌劇「オルフエウス」  [文京シビック]
・音劇 北前船 ~とやまから新たな鼓動~ (スターダンサーズ・バレエ団と共演)
・新内仲三郎「風の盆VS新内流し」 [新橋演舞場 三越劇場]
・NHK「にっぽんの芸能」 「民謡魂」 大河ドラマ「平清盛」